未分類

台湾への出張・就業をするにあたって必要となる中国語

どこの国で仕事をするにあたっても、必要になってくるのはその国の語学力です。

場合によっては、ビジネスレベルの語学力を持っていて当然だということが条件として組み込まれている企業もあるでしょう。

台湾の場合には、公用語は中国語が用いられていますから、台湾での就職や転職を希望するのであれば、まずは日本にいるうちからしっかりと中国語を勉強しておく必要があります。

ただし、職種によってどの程度のレベルの語学力が必要になってくるのかまちまちです。

同じ職種でも、ポジションによって異なることもあるでしょう。

どのような場合でも日常会話レベル程度の中国語スキルを持っていると安心です。

出張程度であれば全く外国語を使わずに業務だけこなして帰国する事もありますが、将来的に長く滞在を希望するような事があるなら語学は出来るようにしておいたほうがいいです。

特に現地採用で働く場合、自分以外の人たちがすべて現地の台湾人だということもありますから、まったくもって中国語が理解出来ないのであれば、コミュニケーションが取れずに苦労してしまうでしょう。

日本が大好きで日本語を勉強しているために日本語が話せる従業員がいる企業も多いのですが、あくまでも同僚と日本語でやり取りが出来るだけで、台湾地場企業の求人情報として日本語だけで仕事が出来るようなものはあまり出てこないと考えていて良いでしょう。

働き先が日本企業だったり、日系資本の企業だったりする場合には、その企業の取引をするのも日本人ばかりだということもあり、スタッフは全員日本語が堪能な台湾人ばかりを揃えているために、中国語を使わずに日本語だけでやり取りをするケースも見られます。

0

台湾で働くなら出張と駐在員と現地採用、どれが良い?

台湾で働くことを希望する人にとって、出張や駐在員や現地採用などの雇用形態の違いについては、とても重要な課題といえます。

特に、日本企業の駐在員としての働き方を選ぶことにより、給料の計算が日本円で行われるため、毎月の収入の状況を管理しやすいというメリットがあります。また、将来的にキャリアアップの道が開かれることがあるため、台湾で実務経験を積もうとする人が増加していると言われています。

台湾の現地採用の実態については、国内の経済誌などでも紹介される機会が増えてきており、機械類や半導体などを取り扱うメーカーに就職をすることで、長期間にわたって安定した生活を送ることもできます。

駐在員と現地採用の給料の違いについては、勤務先の方針や人事制度などによって決定されるため、少しでも関心があれば、各企業の最新の情報を得ることが望まれます。

人気の企業のほとんどは、スキルの高い人材を高待遇で雇い入れようとする動きがみられており、本格的にキャリアを身に着けたい場合には、研修の機会が充実した企業を選択することが勧められます。

例えば、成果主義の制度が採用されている企業においては、台湾での実績を高く評価することが一般的となっており、語学力はもちろんのこと、専門分野の知識や技術をきちんと身に着けることがコツです。

その他、給料の高さにこだわりたい場合には、ハローワークや求人サイトに掲載されている台湾の求人に日ごろから目を通しておくことが大事です。

0