未分類

日本人だからこそ就きやすい仕事の傾向をつかみ、転職に活かす

日本人が台湾にて仕事をしたい場合、今まで日本で就いていた業種の経験だったり、所持している資格、大学や大学院などで学んできたことなどを活かして、同じような業種に就きたいと考える方も多いかと思います。

台湾では日本と同じレベルで問題なく生活できるとは言っても、台湾国内で日本人がどのような職業に就くことを求められているのかは割と偏りがあったりもします。

特に外国人が現地採用として働く場合には、台湾人の雇用を邪魔してはいけませんから、就労ビザを取得しやすい業種も存在するのです。

その一つとしてまず挙げられるのが、ソフトウェアやWEB関連、IT関係のハイテク産業です。

さらには、製造業も日本の企業が台湾に支社を構えることが増えておりますから、日本人の管理職などが求められることもあります。この辺は他のアジア諸国の傾向と似ています。

こうした業種は、とにかくきちんと日本での経歴がどの程度なのかをチェックされますから、まったく未経験だという方がすぐに就けるものではありません。

きちんとした職務経歴が必要になります。

日本人だからこそ就きやすい仕事としては、日本語の教師や、台湾在住日本人に向けた日本語のフリーペーパーなど情報誌の制作会社、さらには翻訳の仕事などもあります。

台湾は非常に親日国ですし、日本語や日本の文化に興味を持っている方がとても多いので、日本人を採用したいと考える企業は他の国よりも多くなっていると言えます。

0

現地採用の求人を探したい、台湾の大企業・グループ企業

台湾企業にも、大企業と呼ばれるものから中小企業といったような規模のものまでさまざまな種類があります。

その中でも、特に大企業と呼ばれるような企業はコンピューター関連、精密機器関連などといった業務をしているところが多くなっております。

その一例としましては、パソコンや精密機器のメーカーであり世界的な有名企業とも言えるエイサー社(宏碁集団)、電子機器の受託生産をおこなう製造業を展開しているフォックスコン・グループ(鴻海科技集団)、そしてIT関連業以外の職種でしたら、台湾のセブン-イレブンを運営する食品メーカーである統一企業グループや、繊維、重工業、木材、化学、最近ではバイオテクノロジーなどの分野にも強い台湾プラスチックグループ(台塑集団)などが挙げられます。

そして、台湾の企業全体のおよそ九割を占めているのが中小企業です。

もともとは輸出産業で発展してきた国ですから、この産業を中小企業が牽引してきたといっても過言ではありません。

最近ですと、若い方もハイテク産業の業種で起業されている方が増えてきて、台湾で起業するために海外の大学や大学院などに留学して専門知識を学ぶ方も多くなっています。

台湾の中小企業などでも、現地採用として日本人を採用するケースもありますから、こういった内容の求人募集を探すのであれば、やはり現地に行って情報をチェックするのがいちばん良いでしょう。

または、ウェブサイトなどのリクルート情報なども見てみましょう。

0