未分類

台湾と日本の良好な関係、今後はどうなるか心配・・

台湾は、日本の周囲国の中でも関係が良好ですし、様々な分野で協力関係にある間柄です。
地理的にも近い台湾は、お互いが観光を提供していたり、文化交流を含めて友好が築き上げられています。
日本人にとっての台湾は観光旅行先の一つですが、友好関係が良好なので、台湾人から受け入れられ易い事が利点です。
また、生活場所として考える場合も、台湾は日本人にとって住み易い環境といえます。
理由の一つは、人に対する偏見が少ない事で、日本語も浸透している点が友好に繋がっています。
もう一つには、物価が安く買い物に困る事もないので、大きな生活環境の変化による戸惑いが少ない事も特徴です。
収入を得る方法としては、現地にある日系企業で働く方法に加えて、語学の先生として台湾に貢献する方法もあります。
特に製造業は、積極的に現地と文化交流を行っているので、突然やって来ても歓迎されたり、受け入れて貰える土壌が存在します。
職を得る為には、それ相応の能力は必要ですが、言葉以外のハードルが比較的低い点は見逃せません。
他の国であれば、関係が良好とは限りませんし、友好を築こうとしても偏見が立ち塞がる場合があります。
その点は、多くの国民感情が良好で、お互い相思相愛に近い現地同士の繋がりがあります。
政治の側面はまた別の問題ですが、少なくても民間レベルでは密接な距離感、お互いに惹かれ合う魅力を感じている事も事実です。
生活に馴染めるかは、実際に行って見なければ分かりませんが、短期滞在が容易に行える距離にある地理も利点になります。

0

台湾での出張生活を開始する前に知っておくメリットのこと

台湾は九州ほどの大きさで、約2500万人が暮らす島国です。公用語は中国語、通貨は台湾ドル/元などが使われています。日本からのアクセスがよいことも特徴の一つです。そのような台湾で出張・滞在するメリットとデメリットとはなんでしょうか。

まずメリットとして挙げられるのは、日本より就職に関しておおらかなこと。年齢や転職回数についてのハードルが低い企業が多い傾向にあります。さらに、社内では中国語や英語といった上下関係によってあまり言葉を使い分けない言語が使われていることもあり、日本のように厳しい年代や階級の差ははっきりしていません。総じてゆるやかな人間関係と言えるでしょう。

さらに、一般生活を送る上でも心配な言葉の壁ですが、台湾は日本語の話者が非常に多いことでも知られています。また、食事も安く美味しいものが多く、更には温泉などもあります。

一方でデメリットと言えるのが、給料の額面が日本より下がる場合が多く見られることです。

しかしこれは裏を返せば物価が安く暮らしやすいとも言えます。さらに、給料が低いと言っても、法律で外国人がホワイトカラーで働く場合の最低賃金は法律で定められていますので、一定程度の収入は約束されていると言えます。また、生活上のデメリットとしては、交通マナーが日本と比べると悪いこと、夏の気候が日本より厳しいこと、都市部以外には場所によっては治安や衛生に不安があるところもある、といったものが挙げられます。

0