台湾への出張・就業をするにあたって必要となる中国語

どこの国で仕事をするにあたっても、必要になってくるのはその国の語学力です。

場合によっては、ビジネスレベルの語学力を持っていて当然だということが条件として組み込まれている企業もあるでしょう。

台湾の場合には、公用語は中国語が用いられていますから、台湾での就職や転職を希望するのであれば、まずは日本にいるうちからしっかりと中国語を勉強しておく必要があります。

ただし、職種によってどの程度のレベルの語学力が必要になってくるのかまちまちです。

同じ職種でも、ポジションによって異なることもあるでしょう。

どのような場合でも日常会話レベル程度の中国語スキルを持っていると安心です。

出張程度であれば全く外国語を使わずに業務だけこなして帰国する事もありますが、将来的に長く滞在を希望するような事があるなら語学は出来るようにしておいたほうがいいです。

特に現地採用で働く場合、自分以外の人たちがすべて現地の台湾人だということもありますから、まったくもって中国語が理解出来ないのであれば、コミュニケーションが取れずに苦労してしまうでしょう。

日本が大好きで日本語を勉強しているために日本語が話せる従業員がいる企業も多いのですが、あくまでも同僚と日本語でやり取りが出来るだけで、台湾地場企業の求人情報として日本語だけで仕事が出来るようなものはあまり出てこないと考えていて良いでしょう。

働き先が日本企業だったり、日系資本の企業だったりする場合には、その企業の取引をするのも日本人ばかりだということもあり、スタッフは全員日本語が堪能な台湾人ばかりを揃えているために、中国語を使わずに日本語だけでやり取りをするケースも見られます。