台湾と日本の良好な関係、今後はどうなるか心配・・

台湾は、日本の周囲国の中でも関係が良好ですし、様々な分野で協力関係にある間柄です。
地理的にも近い台湾は、お互いが観光を提供していたり、文化交流を含めて友好が築き上げられています。
日本人にとっての台湾は観光旅行先の一つですが、友好関係が良好なので、台湾人から受け入れられ易い事が利点です。
また、生活場所として考える場合も、台湾は日本人にとって住み易い環境といえます。
理由の一つは、人に対する偏見が少ない事で、日本語も浸透している点が友好に繋がっています。
もう一つには、物価が安く買い物に困る事もないので、大きな生活環境の変化による戸惑いが少ない事も特徴です。
収入を得る方法としては、現地にある日系企業で働く方法に加えて、語学の先生として台湾に貢献する方法もあります。
特に製造業は、積極的に現地と文化交流を行っているので、突然やって来ても歓迎されたり、受け入れて貰える土壌が存在します。
職を得る為には、それ相応の能力は必要ですが、言葉以外のハードルが比較的低い点は見逃せません。
他の国であれば、関係が良好とは限りませんし、友好を築こうとしても偏見が立ち塞がる場合があります。
その点は、多くの国民感情が良好で、お互い相思相愛に近い現地同士の繋がりがあります。
政治の側面はまた別の問題ですが、少なくても民間レベルでは密接な距離感、お互いに惹かれ合う魅力を感じている事も事実です。
生活に馴染めるかは、実際に行って見なければ分かりませんが、短期滞在が容易に行える距離にある地理も利点になります。